よくあるご質問

参加について

英語が話せなくても大丈夫でしょうか?

英語が話せなくても参加は可能ですが、現地のスタッフやボランティアとの会話は原則英語になりますので、簡単な英語(単語)は覚えておくとよいでしょう。

子どもと2人乗りで参加できますか?また、小学生が参加するのは難しいでしょうか?

5歳以下のお子さまは、保護者(または保護者が委託した18歳以上の方)と自転車に同乗しなければ大会にご参加いただけません。お子さまと2人乗りされる場合は、チャイルドシート又はワゴン、トレーラーなどを取り付けて、安全に走行できるようにご準備ください。お子さまを背負っての走行は禁止されております。
6歳以上であれば、お子さまご自身で自転車に乗って参加することができます。但し、14歳以下の場合は保護者(または保護者が委託した18歳以上の方)の同伴が必要ですので、同伴者の方は常にお子さまと一緒に行動してください。一部の道路を除き、自転車用レーンやイベントのための特別な交通規制はありません。また、日本とは交通ルールが異なりますので、保護者の方がお子さまの安全に十分に注意を払ってください。

ホノルルに自転車を持って行くにはどうしたらよいでしょうか?

一般的には、搭乗される航空機の手荷物として自転車をホノルルへ持参されることが多いようです。自宅から日本の空港までは宅配を使用するのが便利ですが、宅配会社や利用空港によっては自転車の宅配を受け付けていない場合がありますので、自転車宅配をご希望の場合は、事前に宅配会社へご確認ください。また、搭乗される航空機へ手荷物として自転車を預ける予定の場合には、サイズや重さ、料金(超過手荷物料金)などについて、必ず、予め航空会社へご確認ください。
なお、受付事務局では自転車運搬サービスの取り扱いを行っておりませんので、予めご了承ください。

【JAL自転車無料運搬サービスのお知らせ】
日本航空では、JAL便(ハワイ線)のご利用で本大会に参加される方を対象とした「自転車無料運搬サービス」(日本⇔ホノルル空港)を実施します。
なお、ホノルルセンチュリーライド専用ツアーにご参加の方も、ご自身によるお申し込みが必要となりますのでお気を付けください。
受付締切日:2017年9月5日(火)
詳細はこちらをご覧ください

【自転車の空港宅配(自宅から日本の空港)】
利用空港や利用できる運送会社により、利用方法や宅配可能なサイズが異なります。また、普通の宅配荷物より所要日数が長くかかりますので、利用される方は、以下の情報を参考にして、ご自身で運送会社へ「自転車の空港宅配」の詳細をお早めに問い合わせください。
*下記以外にも自転車の空港宅配を行っている運送会社がある可能性があるかもしれませんが、受付事務局では把握しておりません。

●成田空港:
ケイティーシー・ロジ(OLライナー)を利用。TEL:0476-35-2855 *電話でお問い合わせください。
サイズ:縦横高さの三辺の和が260cm以内
QLライナー:http://www.ql-liner.co.jp/

●中部空港:
空港への自転車宅配を行っている運送会社(佐川急便)を利用し、「中部国際空港 3階手荷物カウンター(〒479-0881 愛知県常滑市セントレア1-1 TEL:0569-38-8562)」宛てに送る。
サイズ:縦横高さの三辺の和が240cm以内
中部国際空港 宅配・手荷物サービス:http://www.centrair.jp/service/1188477_1621.html

●関西空港:
空港への自転車宅配を行っている運送会社(佐川急便)を利用し、「関西エアポートバゲージサービス(〒549-0001 大阪府泉佐野市泉州空港北1番地 TEL:072-456-8701)」宛てに送る。
サイズ:縦横高さの三辺の和が260cm以内
関西エアポートバゲージサービス:https://www.konoike-aps.net/kabs/index.html

ハワイに自転車を持ち込むのはいくらかかりますか?

自転車の運搬費用については、宅配会社や航空会社へ直接お問い合わせください。

航空機で自転車を運ぶ時の注意点はありますか?

(1)タイヤの空気を必ず抜いてからチェックインしてください。空気を入れたままですと上空での気圧変化によりタイヤチューブが破損する恐れがあります。なお、パンク修理用の接着剤は、機内持ち込みや手荷物として預けることができませんのでご注意ください。

(2)自転車を梱包したケース、ダンボールには所有者が分かるように、目立つ場所に名前をご記入いただくか、名札(タグ)をお取り付けください。

(3)梱包サイズや重さ等の規定については、各航空会社へ直接お尋ねください。

※CO2インフレーター(ボンベ)については、航空会社によって持ち込み(機内持ち込み、受託手荷物)の規定が異なるため、事前にご利用になる航空会社へお問い合せいただくことをお勧めします。

ハワイでレンタサイクルを借りて参加したいのですが?

レンタルバイクをご利用の場合は、お客さま自身でご手配くださいますようお願いいたします。大会主催者及び日本の受付事務局ではレンタルバイクの手配やレンタルショップの紹介はしておりませんので予めご了承ください。

バイク用ヘルメットだけを現地でレンタルできますか?

ヘルメットだけのレンタルはあまりないようです。ハワイでは法律によってヘルメットの着用が義務付けられておりますので、ご自身で忘れずにご用意ください。

ホノルル空港から宿泊先までの自転車運搬にはどんな方法がありますか?

梱包サイズにもよりますが、エアポートシャトルや普通のタクシーには乗せられないケースがほとんどです。個人旅行の場合は、空港のタクシー乗場で大型タクシー(ワゴンタクシー等)を呼んでもらってください。パッケージツアーでホノルル空港から宿泊先までの交通が含まれている場合は、旅行会社にお尋ねください。

大会では保険に入っていますか?

大会では参加者に適用される保険には加入しておりません。万一の怪我などに備えて、海外旅行保険のご加入をお勧めします。ハワイにて医療行為・救急車等による搬送が発生した場合、高額な費用を参加者ご自身が負担することになります(最近の事例:治療US$6,000、救急車US$1,100)。

ページの先頭へ

イベントについて

時間制限はありますか? また、何時までにフィニッシュエリアに戻ればいいのですか?

フィニッシュゲートのクローズ時間は午後5時(予定)です。それまでにフィニッシュエリアにお戻りください。 また、往路のコース上3箇所に関門があり、制限時間を設けています。コースクローズ時間は、以下の通りです。コースクローズ後は先に進むことができませんので、折り返して帰路についてください。詳細は、日本語ガイドブック等でご確認ください。なお、途中リタイヤした場合の収容車輌は原則用意されていません。後半は前半より体力の消耗が激しくなりますので、余裕をもって、自力でフィニッシュ地点へ戻れる地点で折り返すようにしてください。

ハワイ・カイのカラニナオレ・ハイウェイとルナリロ・ホーム・ロードの交差点(スタートから約15km地点):午前8時15分以降は直進できませんので、迂回路を使用して25マイル折り返し地点へと向かってください。
50マイル折り返し地点(スタートから約40km地点):午前11時00分コースクローズ
75マイル折り返し地点(スタートから約60km地点):午前10時30分コースクローズ

※ハワイ・カイより迂回路を使用の場合も、急な上り坂や長い下り坂がありますので、15kmを1時間30分程度で走行できない方は、アロハファンライドへのご参加をお勧めいたします。

160kmという長いコースですが、道に迷うようなことはないでしょうか?

コース上にはコースサインが配置されている他、現地のボランティアによる誘導員が配備されていますが、万一道に迷ってしまった場合は、まずは落ち着いてコースマップを見て位置を確認してください。それでも分からない場合は、地元の人やお店の人にコースマップを見せれば、どこにいるか教えてくれるでしょう。

自動車などの一般車両と走行レーンは区分されていますか?

コースの一部を除き、自転車用レーンは設けられておりません。特別な交通規制は実施されておりませんので、一般車輌と併走することになります。交通ルールを守って、安全に十分に気をつけて走行してください。

コース上にトイレはありますか?

各折返し地点(各エイドステーション)にトイレがあります。また、コースの途中では公園等にある公衆トイレをご利用ください。

エイドステーション以外でも飲み物を手に入れる事は出来ますか?

コースの途中にある商業施設(コンビニやガソリンスタンド等)で飲み物を購入することはできますが、常にお店があるとは限りませんので、ウォーターボトル等に飲み物を入れて携帯してください。

コース上でパンクしたらどうすればいいの?

コース上をサポート車両が巡回する予定ですが、コースが長いため、すぐにはサポート車両を見つけられない場合もありますので、ご自分でパンク修理(チューブ交換)ができるようにしておかれることお勧めします。もしもご自分で修理ができない場合には、フレンドシップ・ライド・リーダーや他のライダーに支援をお願いしてみてください。気安く手伝ってくれる場合が多いようです。 なお、サポート車両にはスペアチューブや交換部品等の用意はなく、修理は応急処置のみとなります。 パンクに備えてスペアチューブ(2本以上)を必ずご持参くださいますようお願いいたします。

エイドステーションで食事を取ることが出来ますか?

各折り返し地点にあるエイドステーションには飲料が用意されます。フルーツやスナックも用意される予定ですが、十分な種類や量があるとは限りません。エネルギー補給のために食べ物を携行することをお勧めします。また、必要に応じて、コース途中の商業施設(コンビニやガソリンスタンドなど)で飲み物や食べ物を購入してください。

エイドステーションにはメカニックがいますか?

一部のエイドステーションでは、大会主催者が手配したボランティアが、ご希望の方に対して可能な範囲で自転車メンテナンスを行う予定です。ボランティアによるメンテナンスは無料の予定ですが、タイヤチューブや交換部品等は用意しておりませんので、ご自身での部品持ち込みによる修理が前提となります。専用工具等が必要な場合は取り扱えない場合があります。原則として応急的な処置となりますので予めご了承ください。

エイドステーションにドクターはいますか?

エイドステーションには医師、看護師はおりません。緊急の場合は、お手持ちの携帯電話や公衆電話などから「911」に電話をしてください。エイドステーションでは、擦リ傷程度には対応できるファーストエイドキットを用意しておりますが、救急車を呼んで対応する場合もあります。

パンク修理キットやチューブなどをエイドステーションで購入できますか?

エイドステーションでは自転車部品や修理用品は販売しておりません。パンクに備えて、ご自分の自転車に合ったチューブ2本以上と修理キットをご持参いただくようお願いいたします。

各折り返し地点での通過チェックがありますか?

折り返し地点やフィニッシュゲートでの通過確認、完走確認は行いません。参加ライダーの責任においてカピオラニ公園へ戻ってきてください。
各折返し地点でマイレージステッカーを配布する予定ですので、ご希望の方はお受け取りください。

ページの先頭へ